Shiitake's tumblr.

 結局、その日の会議では、韓国側が8月に日本の関係者をソウルに招待し、観光関連のシンポジウムを開催して打開策を共に考えたいと提案。また、日本側も来年2月に日韓観光フォーラムをソウルで開き、日本から1000〜2000人規模の業界関係者を訪問させるとの計画を伝えた。

日韓観光:「怒られっぱなしでは…」訪韓日本人客が急減 - 毎日新聞

 訪韓日本人客は、10年303万人▽11年329万人▽12年352万人−−と順調に増えていた。しかし、当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が12年8月に大統領として初めて島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸すると、同年の後半から減少し始めた。

 13年には275万人と前年比21.9%も減った。今年に入っても1〜4月のデータは前年同期比14.3%減で、歯止めはかかっていない。

 12年末からの円安で、日本人客にとって韓国での買い物が割高になったことも背景にはある。だが、韓国観光公社東京支社の担当者は、日本でのマーケティング調査の結果などから「要因としては両国関係の悪化の方が大きい」と断言する。落ち込みの大きさも、円安だけでは説明がつかないという。

日韓観光:「怒られっぱなしでは…」訪韓日本人客が急減 - 毎日新聞

2chに書かれ、blogにコピペされ、Googleで検索される情報が「真実」になりつつある。

ほっとけない情報収集の貧しさ : 404 Blog Not Found

さすが和歌山…朝食の梅干しバリエーションが半端ないな…
(和歌山マリーナシティロイヤルパインズホテル)



朝食のマグロの解体ショー (和歌山マリーナシティロイヤルパインズホテル)



和歌山マリーナシティロイヤルパインズホテル


Q:イングレスの今後の展開について

大きな構想としては、プラットフォームとして発展させ、イングレスの上でクリエイターやデベロッパーがイングレスのようなゲームを作れるような環境を作っていくことです。ゲームは無数にあるけど、外に出て遊べるゲームは、本当に少ない。外に出て遊べるようなゲームを作れるプラットフォームとして育てていくのが、イングレスのビジョンです。

また、今ゲームの業界は分岐点に差し掛かっていると思っています。1つはバーチャルリアリティーの世界を作り上げて、こもって外の世界と隔絶された状態でゲームを楽しむもの。もう1つはリアルな世界で、実際に顔を合わせてコミュニケーションしながらやるゲーム。我々はテクノロジーを使って、後者の方向に踏みだそうとしています。

Q:なぜコミュニケーションを重視するのか?

私はどうすれば、人を幸せにできるか?ということを考えています。人生の楽しみの中で、大きなものを2つ出すとすれば、1つはエクササイズ、歩いたり、走ったり、バイクに乗ったりすると、気持ちよくなるような化学物質が身体の中から出るものです。2つ目は、他の人間とコミュニケーションを取ることで、人は幸せになるものです。

グーグルアースのストリートビューには生活に役立つことがいろいろとあり、1つは実際に出かける前に計画を立てて、冒険の準備ができます。もう1つはGPSを使って、自分の行動を地図上の記録して楽しめるということです。そして、人々がそういったデータをグーグルマップ上で情報レイヤーとして楽しんでいるを見ていて、外に出て、その情報を見たり、改善できたりするとできるともっといいことが起きるのではないか? と考えたことが、イングレスを作るきっかけの1つとなっています。イングレスをプレイしていると、特に目的がなく歩いていても、外に出ればあたらしい情報に触れることができます。

イングレス@石巻レポート3:Ingress開発者ジョン・ハンケ氏インタビュー - Engadget Japanese

Q:ナイアンテックラボのミッションとは?

歩いて冒険をすること。それは技術を使って、リアルな世界と人々をつなぐということです。テクノロジーを使って、遠くにあるものの情報を得るのではなく、自分の身の回りにあるものをどう感じ取れるか?どう変化させていけるのか? ということに注力しています。バーチャルなものを変えていくのではなく、実際に触れるリアリティのあるものをより面白くよりミステリアスに変えていくことがわれわれにとっては大事なんです。

テクノロジーという意味では、ARという言葉はあまり使いたいと思っていません。スマホのカメラをかざして何かが画面に映るなんていうようなものを我々はやっているのではないんです。現実の体験を情報レイヤーを使って拡張していくことをやっていきたいです。

Q:グーグルマップやグーグルアースが出たときに、あれは現実をデジタルに固定していくということだったと思います。イングレスもそういう何かをデジタル化していくものかな? と思っていました。でも、今回の石巻でのイベントを通じてイングレスは現実の体験を重ねていくことで、むしろデジタル情報の方が変わっていくというまったく逆方向のことをやっていると感じました。

イエス! イエス! そうだ。​

子どもがいると、ずっとスクリーンの前にいるわけにはいかなくて、いっしょに外に出なくちゃいけない。そんなときもテクノロジーを使って、外での体験の質を上げていけるか? ということをやりたいんです。

つまり、テクノロジーを楽しむためにスクリーンの前に居続けないといういけないという状況を変えたいんです。子どもがずっとスクリーンにいることを続けるのは、あんまり好ましいことだとは思っていなくて、子どもと大人が外で遊べるようなことができないかと思っているんです。

イングレス@石巻レポート3:Ingress開発者ジョン・ハンケ氏インタビュー - Engadget Japanese

こういったことを考えているインスピレーションの源は、私の子ども時代の体験とつながっています。私はテキサス州の1000人もいないような小さい街で生まれて、街のほとんどの人は、自分の街に興味が無いような感じだったんです。

石巻で石ノ森章太郎のマンガで街おこしをしているのを見て思い出しました。自分のテキサスの街には、「コナン・ザ・バーバリアン(邦題「コナン・ザ・グレート」)」の著者がいて、そのコナンの物語のファンコミュニティがコナンのミュージアムを街に作りました。それから、私は自分の街をすごく誇りに思うようになったんです。自分の街やコミュニティに対して、理解が深まると自然と街への愛着も出てきます。そのおかげで、私は自分の育った場所に誇りを持てるようになったんです。

私の両親は、そのミュージアムでガイドをしていました。そうすると、こんな牛と牧場しかない街にコナンのファンがフランスとかスペインのような遠いところからやってくるのが、すごく面白かったんです。その体験がイングレスを作ってるところにいかされていると思います。

イングレス@石巻レポート3:Ingress開発者ジョン・ハンケ氏インタビュー - Engadget Japanese

99 :名も無き求道者:2012/12/30(日) 16:46:04.47 ID:WPVllvjk
北朝鮮にもポータルあるんだけどwww
どうすんのこれwww

【google】Ingress【MMO】

103 :名も無き求道者:2012/12/31(月) 17:12:36.55 ID:xx5nrqQh
尖閣にポータルできたらリアル戦争になりそうで怖いw

【google】Ingress【MMO】

アラスカの科学研究所は、謎の飛行物体が落下し磁力計が狂っていることを発見する。司令部から到着したヘンドリー大尉は、キャリントン博士から報告を受け、スコット記者らと共に落下地点に向かい、一部分を除き氷に埋もれた円盤を発見する。氷から掘り起こすためにテルミット爆弾を使用するが、爆破と共に円盤に引火、円盤は爆発し飛散する。ガイガーカウンターが反応する辺りを調べると氷の中に人のような「物体」が確認できた。ヘンドリー大尉たちは、氷ごと「物体」を掘り出し基地に持ち帰る。

その後、倉庫に運び込まれた「物体」の監視役バーンズ伍長が怪しい影に襲われる。ヘンドリー大尉の一行が倉庫を調べに行くと、溶けた氷には人型の跡が残っていた。「物体」は外の犬を殺し逃走して姿を消した。キャリントン博士は犬に噛み千切られた残骸の一部を調べ、「物体」が遊星より飛来した植物組織生物で、動物の血を吸って成長し、知力と腕力は人類より優れた怪物であることを突き止める。残骸の一部は成長する速度が速く、人類の脅威となる「物体」だった。

人類のために即刻撃滅を望む軍と貴重な研究資料として培養を主張する科学者が対立する。


『遊星よりの物体X』(1951年)のリメイクというよりも、原作となった短編小説『影が行く』に対する忠実な映像化となっている。「通信機能が麻痺してしまった南極越冬基地」という閉鎖空間において、「誰が人間ではないのか、自分が獲り込まれたのかすらも分からない緊迫した状況下における、隊員達の心理状態と、難局を打開しようとする姿」を描き、最後まで明快な結末は見えない。原作と大きく異なる部分は「物体Xの形状」「登場人数」「それを退治する方法」などである。また、映画では地球外生物の同化する様子、増殖し擬態する生態をSF的理論の範囲内でまとめ、説明も行っている。


アッティラは時には高貴な統治者、時には残忍な野蛮人と様々に描かれてきた。アッティラは西方の歴史と伝統では凶悪な「神の災い」(flagellum dei)として知られ、彼の名は残忍さと野蛮性の代名詞となったが、これらのいくらかはおそらく彼とチンギス・カンやティムールなど後の時代の草原の征服者との混同によるものであろう。彼らはみな容赦無く、賢明であり、血に飢えた戦闘と掠奪の愛好者と見なされているが、これらの大部分は彼らの敵の記録によるものである。現実における彼らの性格はおそらくより複雑なものであろう。プリスクスはフン族の統治をローマよりも賞賛し、祖国へ帰ることを望まない東ローマ人の捕虜と会ったことを詳細に述べているが、その記述からプリスクスのアッティラへの謙虚さと誠実さに対する賞賛は明らかである。


女性や赤子を蹂躙するフン族騎兵。

デ・ノイビル画、19世紀。

女性や赤子を蹂躙するフン族騎兵。

デ・ノイビル画、19世紀。


111439
To Tumblr, Love Metalab